チューリップの開花を抑制するためネットを覆う業者

チューリップの開花を抑制するためネットを覆う業者

富山県 砺波・南砺・五箇山 花・紅葉

チューリップ見頃へ 遮光ネットで開花調整 砺波

北日本新聞(2017年3月11日)

 今春のとなみチューリップフェアに向け、砺波市花と緑と文化の財団は10日、メイン会場となる砺波チューリップ公園(同市花園町)で、花壇への日差しを遮るネットの取り付けを始めた。フェア期間中に見頃を迎えるよう、チューリップの開花を調整する。

 昨年は、生育が早く気温が高めに推移すると見込まれたため、平年より早い2月中旬に設置した。今年は、今後の気温が平年並みかやや低いとみられ、昨年より遅くした。

 この日は市内の造園業者が、大花壇に取り付けられたアーチ状のパイプ枠にネットをかぶせた。17日ごろまでに全ての花壇を覆う。

 4月初旬にネットやパイプ枠を取り外す予定。同22日の開幕時に約3割、同月末に全ての花が咲くように生育を抑制する。会期は5月5日まで。

砺波・南砺・五箇山 ニュース