絵を逆さまにすると別の動物が現れるくるりんぱ展

絵を逆さまにすると別の動物が現れるくるりんぱ展

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 祭り・催し

動物の顔がくるりんぱ 見方を変える展覧会

信濃毎日新聞(2017年3月12日)

 佐久市岩村田の市子ども未来館で11日、動物などの絵を「くるっ」と逆さまにすることで「ぱっ」と別の動物の絵が現れる「くるりんぱ展」が始まった。子どもたちに、自由な発想でさまざまな視点から物事を見てもらおうと企画した。
 会場には、トナカイがタコになったり、馬がペンギンになったりする不思議な絵を15点展示。来館者は自由に絵を回転させて、「何になったかな」と話しながら楽しんでいた。
 5月7日までの午前9時半〜午後5時(5月3〜5日は午後6時まで)。木曜休館(3月23、30日、5月4日は開館)。入館料は高校生以上500円、子ども250円。問い合わせは同館(電話0267・67・2001)へ。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット