漆塗りの調度品が並ぶひな飾り。人形は御殿に納められている=高岡市守山町

漆塗りの調度品が並ぶひな飾り。人形は御殿に納められている=高岡市守山町

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

「山町筋のひなまつり」華やか 高岡

北日本新聞(2017年3月12日)

 伝統的な土蔵造りの建物が並ぶ高岡市山町筋を舞台にした「第17回山町筋のひなまつり」が11日、開幕した。古くから伝わる格式高いひな人形や近現代の華やかな段飾りが町家や商店など31カ所に展示され、来場者が時代を超えて愛されてきた品々を見ながら町並み散策を楽しんだ。12日まで。

 ひなまつりは、土蔵造りのある山町筋まちづくり協議会(作井宗人会長)が2001年から毎年開催。御馬出町、守山町、木舟町、小馬出町の4町をギャラリーとして、さまざまな時代のひな人形を120点以上並べた。

 国重要文化財の菅野家(木舟町)には、京都の人形師、大木平蔵による明治時代の人形を展示。端正な顔立ちや衣装に気品があり、来場者が名匠の技にじっくりと見入った。

 市土蔵造りのまち資料館(小馬出町)では、江戸中期の内裏びなや昭和中期の土人形びなを紹介。茶席もあり、和菓子職人がサクラのつぼみをイメージして、その場で手作りした生菓子でもてなした。宮岡家(同)では、江戸後期のひな人形の軸や昭和初期の段飾りを展示した。

 12日は午後1時と同3時に、太田家(守山町)で箏曲家の太田衣代さんの演奏会がある。ひなまつりの開催時間は午前10時~午後4時。市、高岡商工会議所、末広開発、北日本新聞社共催。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット