3月12日から上越妙高駅で販売される北国街道お弁当(ホテルハイマートより提供)

3月12日から上越妙高駅で販売される北国街道お弁当(ホテルハイマートより提供)

新潟県 上越・妙高・糸魚川 グルメ

上越・小6考案 北信越の味駅弁に 12日上越妙高で発売

新潟日報(2017年3月13日)

 上越市の大和小学校6年生が考案した、北信越の食材を使った駅弁が12日から、同市の上越妙高駅で販売される。同日は駅弁作りに携わった同校児童が自ら販売する。

 6年生38人は総合学習の時間で駅弁作りを発案。駅弁を製造し、上越妙高駅で販売するホテルハイマート(上越市中央1)に学校側が協力を依頼した。

 児童は11グループごとに案を考え、地元と北信越を結んだ北国街道沿いの味覚を集めた弁当を投票で選んだ。ホテルハイマートは案を基に酢で締めたズワイガニや甘エビの素揚げ、野沢菜の漬物など北信越の幸を盛り込んだ「北国街道お弁当」を完成させた。

 地元にちなんだ食材では、桜の花びらの塩漬けや上越妙高駅近くの釜蓋(かまぶた)遺跡から着想した豚肉の煮物なども入っている。

 男子生徒(12)は「すごく良い駅弁になった。大和の魅力を伝えるため、たくさんの人に買ってほしい」と喜ぶ。ホテルハイマート統括部長の山崎知夫さん(40)は「駅弁で県外の食材を使う発想はあまりなかった。子どもたちのいい思い出になればうれしい」と語った。

 税込み1300円。上越妙高駅内でホテルハイマートが運営する「駅弁山崎屋」で販売する。児童は12日午前10時から店頭に立つ。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット