早春の草花が芽吹き始めた雪国植物園=長岡市宮本町3

早春の草花が芽吹き始めた雪国植物園=長岡市宮本町3

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 花・紅葉

見つけた雪解けの幸せ 雪国植物園今季オープン

新潟日報(2017年3月22日)

 長岡市宮本町3の雪国植物園が18日、冬季休園を終え4カ月ぶりに開園した。訪れた人は雪割草やマンサク、ザゼンソウなどの早春の花々を楽しみ、春の息吹を感じていた。

 植物園は1996年にオープン。約35ヘクタールの敷地内で、約850種類の植物が観察できる。ことしは3月上旬から約40人のボランティアが遊歩道の整備や折れた枝の片付けなどに取り組んだ。

 日当たりのいい斜面では、落ち葉の間から雪割草が白やピンクの花を咲かせた。遊歩道の周りには、残雪のそばにカタクリやミズバショウなどが芽吹いている。雪割草を見に訪れた上越市の会社員の男性(65)は「時期が少し早いと思ったが、きれいに咲いていた」と喜んでいた。

 5月4日は国営越後丘陵公園の無料入園日に合わせて無料開放する。問い合わせは雪国植物園、0258(46)0030。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース

長岡・寺泊・柏崎
イベント

長岡・寺泊・柏崎
スポット