埴生アートプロデューサー(右)から来場5万人目の記念品を受け取った伊藤さん(左)と佐藤さん=アートハウスおやべ

埴生アートプロデューサー(右)から来場5万人目の記念品を受け取った伊藤さん(左)と佐藤さん=アートハウスおやべ

富山県 砺波・南砺・五箇山 アウトドア・レジャー その他

来場者5万人を達成 アートハウスおやべ

北日本新聞(2017年3月24日)

 アートハウスおやべ(小矢部市鷲島)の開館以来の来場者が23日、5万人を達成し、記念品が贈呈された。

 5万人目となったのは高岡市二上の大学院生、佐藤弘隆さん(23)と富山市赤田の会社員、伊藤さくらさん(23)。埴生雅章アートプロデューサーと二塚望学芸員が小矢部市特産のバラの花束と記念品を手渡した。佐藤さんと伊藤さんは「初めて来て、びっくりした。すごくきれいな建物で、また来たい」と話した。

 アートハウスは2015年9月に開館した。26日まで「公募2016アートハウスおやべ現代造形展」(北日本新聞社共催)を開催し、36都道府県から寄せられた272点から選んだ平面や立体、インスタレーションの入賞・入選作34点を展示している。

砺波・南砺・五箇山 ニュース