キーワードを記入するパンフレットと特製手拭いを手にする旅館の若おかみ

キーワードを記入するパンフレットと特製手拭いを手にする旅館の若おかみ

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 アウトドア・レジャー

下諏訪の名所巡り開運を 25日から手拭いもらえるラリー

信濃毎日新聞(2017年3月25日)

 下諏訪町にある安産や縁結びにまつわる6カ所の名所を巡り、キーワードを集める「キーワードラリー」が25日から始まる。下諏訪財産区と下諏訪温泉旅館組合が町歩き観光を楽しんでもらおうと提案している「しもすわ開運めぐり」の第1弾。全てのキーワードを集めると、縁起の良い梅やツバメを薄いピンク色であしらった手拭いがもらえる。

 6カ所は、願いごとをかなえてくれると伝わる「言成(いいなり)地蔵尊」、安産祈願の「子安社」、子宝に恵まれるという「児宝(こだから)地蔵」、美容や立身出世に御利益があるという「銕焼(かなやき)地蔵尊」、縁結びの「結びの杉」、町文化財の「万治の石仏」。各所には、由来を記したヒノキ製の高札が設置され、キーワードを1文字ずつ示している。町内の旅館や飲食店、諏訪大社下社などに置いているパンフレットに記入してもらう。

 諏訪湖時の科学館・儀象堂かJR下諏訪駅構内の下諏訪観光案内所で、キーワードをそろえたパンフレットを提示すると、手拭いがもらえる。パンフレットは1万枚、手拭いは500本用意した。問い合わせは同案内所(電話0266・28・2231)へ。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース