新潟県 新潟・岩室 花・紅葉

春告げる「妖精」愛らしく 西蒲区の湿地

新潟日報(2017年3月27日)

 新潟市西蒲区仁箇にある湿地で24日、群生するミズバショウが見頃を迎えている。木漏れ日が差し込む中、「白い妖精」は愛らしい姿でひっそりと咲き、春の到来を告げている。

 同所のミズバショウは角田山麓の周辺にあり、湧き水が流れる湿地約3500平方メートルに群生する。

 この日は15~25センチほどの大きさで薄緑色の花を真っ白な苞(ほう)で包んだミズバショウが所々に見られた。今年は例年と比べ2、3日ほど早く、今月19日ごろに咲き始めた。4月上旬まで楽しめる。

 仁箇の男性(69)は「幽玄に美しく咲くミズバショウを見ると心が癒やされる」と話した。

新潟・岩室 ニュース