東新道に掲げられたちょうちん=新潟市中央区

東新道に掲げられたちょうちん=新潟市中央区

新潟県 新潟・岩室 その他

古町花街 軒先にちょうちん 新潟大大学院生が発案

新潟日報(2017年3月30日)

 料亭など歴史的建造物が多い新潟市中央区の古町花街(かがい)に情緒を醸し出そうと、飲食店などの軒先に、ちょうちんが掲げられている。新潟大大学院都市計画研究室の学生らが中心に企画した。現在は古町通9の「東新道」と呼ばれる細い通り沿いなどに約20個あるが、今後、範囲を広げていく。

 新潟大大学院生の宮島悠夏さん(24)が京都の花街を研究したことがきっかけ。ちょうちんが景観の演出に役立っているとして、大学院生の久保有朋さん(25)と共に所属する古町花街の会で、古町でも掲げることを決めた。飲食店に声を掛け、賛同を得られた所から3月上旬につるし始めた。

 ちょうちんは京都の業者に製作を依頼。縦52センチ、横24センチと縦長の形で、白地に赤い字で「ふるまち花街」と書いてある。新潟市の助成金を活用し、花街の会が購入した。

 店の軒先などにつるされたちょうちんは、開店の午後5時以降になると明かりがともる。宮島さんは「シンボルが一つあると、まちに一体感が出てくる」と話し、久保さんは「歴史ある街並みを彩りたい」と抱負を語った。

新潟・岩室 ニュース

新潟・岩室
イベント

新潟・岩室
スポット