見頃となったミズバショウ。水芭蕉公園には大勢の人が訪れている=29日、五泉市菅出

見頃となったミズバショウ。水芭蕉公園には大勢の人が訪れている=29日、五泉市菅出

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 花・紅葉 祭り・催し グルメ

五泉で咲く花PRイベント「花シリーズ」開幕 5月まで

新潟日報(2017年3月31日)

 五泉市で咲く花々をPRするイベント「花シリーズ」がことしも始まった。まずミズバショウが見頃を迎え、5月まで桜、チューリップ、ボタンと続く。毎年20万人以上が訪れるイベントを盛り上げようと、地元ではスタンプラリーを実施。市内のレストランはランチボックスを販売する。

 花シリーズは、菅出にある水芭蕉公園のミズバショウを皮切りに、4月には村松公園の桜が満開に。4月下旬は一本杉のチューリップ畑が鮮やかに染まり、5月は赤海の東公園でボタンが大輪の花を咲かせる。

 ミズバショウは菅名岳の麓にある水芭蕉公園で約3万株が群生。家族連れらが「白い妖精」と呼ばれる愛らしい姿を楽しんでいる。三条市の男性(75)は「すがすがしい気持ちになる」と笑顔だった。市によると4月上旬まで楽しめそうだという。

 イベントに多くの人を呼び込もうと、五泉市などは「春のごせんスタンプラリー」を始めた。花会場や市内の飲食店などでスタンプを3個集めると、抽選で特産品などが当たる。5月31日まで。問い合わせは市商工観光課、0250(43)3911。

 一方、五泉市のレストラン「ファイブシーズンズキッチン」はことし初めて、「お花見ランチボックス」を5月中旬までの土・日・祝日に販売。ローストポークなどをパンで挟んだ「パニーノ」や総菜などを2人分詰めた。税込み1900円で、1日10セット限定。2日前まで予約を受け付ける。同店は「五泉で花も食も楽しんで」と期待する。問い合わせは同店、0250(27)1887。

新発田・月岡・阿賀野 ニュース