濠をゆったりと巡る利常号

濠をゆったりと巡る利常号

富山県 高岡・氷見・射水 アウトドア・レジャー

遊覧船運航スタート 高岡古城公園

北日本新聞(2017年4月2日)

 高岡古城公園の濠(ほり)を巡る遊覧船「利長号」と「利常号」の運航が1日、始まった。初日はボーイスカウト高岡第16団の子どもや家族ら14人が招待され、船上からの景観を楽しんだ。

 遊覧船は「池の端」の乗船場を出発し、二の丸近くの石垣で折り返す約20分のコースを回る。高岡商工会議所が中心市街地活性化や観光振興を目的に毎年行い9回目。春と秋に分けて季節運行しており、前年度は計3354人が利用した。

 同商議所職員らの見送りを受けて出発した子どもらは、濠の中を泳ぐコイやカモを見て声を弾ませていた。

 ボーイスカウト高岡第16団1組長の田辺拓久君(10)=平米小5年=は「濠から公園を見ることができて楽しかった」と話し、2組長の野崎大翔君(10)=定塚小5年=は「桜の時期にまた乗りたい。きっときれいだろうな」と笑顔を見せた。

 遊覧船の運航は、午前10時から午後5時まで(最終は午後4時半発)。料金は大人700円、小学生以下200円で、3歳未満は無料。定員は利長号、利常号それぞれ10人。問い合わせは同商議所遊覧船係、電話0766(23)5000。

高岡・氷見・射水 ニュース