出航する関係者

出航する関係者

富山県 高岡・氷見・射水 アウトドア・レジャー

美しい富山湾楽しんで 氷見沖クルージング開始

北日本新聞(2017年4月6日)

 氷見市の富山湾マリン(松原勝久代表理事)による「氷見沖クルージング」の今シーズンの運航が5日、始まった。一部期間を除いて11月下旬まで運航し、氷見沖の景色や漁業の様子を紹介する。

 クルーズは、同市中央町の「ひみ漁業交流館魚々座(ととざ)」近くにある乗り場から出発。25分かけて阿尾城跡や沖合の定置網を見て回る。好天の日は、富山湾越しに見える雄大な立山連峰の景色が楽しめる。

 運航開始に先立ち、乗り場で安全祈願祭があり、神事に続いて松原代表理事が「富山の海上観光を盛り上げたい」とあいさつ。薮田栄治県議、寺下利宏氷見商工会議所会頭、嶋田茂市議会議長が祝辞を述べた。テープカットの後、祈願祭の出席者らが乗り込み、試乗運航に出発した。

 遊覧船は午前9時から午後3時半まで30分置きに出発する(正午と午後0時半は休憩)。運賃は中学生以上千円、小学生500円、幼児無料。4月10日~5月2日は滑川市の「ほたるいか海上観光」への協力のため運休。5月3日は唐島祭りのため、貸し切り運航となる。問い合わせは市観光協会、電話0766(74)5250。

高岡・氷見・射水 ニュース