昨年8月の諏訪湖祭湖上花火大会

昨年8月の諏訪湖祭湖上花火大会

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 祭り・催し

「諏訪湖ならでは」前面に 8月の諏訪湖花火大会

信濃毎日新聞(2017年4月6日)

 第69回諏訪湖祭湖上花火大会(8月15日)の実行委員会は5日、諏訪市役所で開き、昨年並みの35セット、4万発を打ち上げると決めた。「これまで以上に諏訪湖ならではの音や華やかさを楽しんでもらいたい」と、打ち上げプログラムは見直しを検討する。

 実行委会長の金子ゆかり諏訪市長は、帰りの混雑を避けようと早めに席を立つ観覧客もいるとし、水上スターマインなど見応えのあるプログラムを集める終盤以外にもヤマ場を設ける他、音楽による演出でオープニング花火の印象を強める考えも示した。

 一般向けの桟敷席は昨年と同様、諏訪湖畔公園に升席やブロック指定席、有料自由席を用意する。有料自由席は市文化センターでの前売り分が3千円、チケット販売会社への委託販売分は3500円。センター分は7月27日に約3千席、委託販売分は同28日に約6900席を売り出す。

 ブロック指定席は4100円で、約2400席を用意。5月8〜31日に往復はがきで申し込みを受け付け、6月19日に抽選販売する。

 観覧席付きのメッセージ花火(1口1万200円)、市民花火(同5100円)の協賛は5月8日〜6月30日に受け付ける。問い合わせは市観光課内の実行委事務局(電話0266・52・4141)へ。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース