サクラが見ごろとなりにぎわう弘法山古墳=18日

サクラが見ごろとなりにぎわう弘法山古墳=18日

長野県 松本・上高地・美ヶ原 花・紅葉

青空に映えるサクラ 松本・弘法山古墳

信濃毎日新聞(2017年4月19日)

 未明までの雨が上がり、晴れ渡った18日、松本市の桜の名所、弘法山古墳一帯はサクラが見頃となり、訪れた人でにぎわった。古墳の上から見ると、いっぱいに広がったサクラの向こうに市街地を望み、その先には雪を抱いた北アルプスが青空にくっきり浮かび上がった。

 松本市横田の主婦細井理恵さん(39)は長女を連れ、「近くを通ったらあまりにきれいなので、思わず登ってきてしまいました」と笑顔。「近くにこんなきれいな場所があって感激しました。風は強いけれど、花が揺れて生きているようですね」と話していた。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース