会場入り口のガンダムの頭部前で記念撮影する人たち=19日、松本市の松本パルコ

会場入り口のガンダムの頭部前で記念撮影する人たち=19日、松本市の松本パルコ

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し

原寸大、ガンダムの頭部「出現」 松本で「ガンプラEXPO」

信濃毎日新聞(2017年4月20日)

 アニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデルを展示・販売する「ガンプラEXPO」が19日、松本市の松本パルコで始まった。製造元のバンダイ(東京)主催で県内開催は初めて。プラモデル作りの腕前を競う大会の優勝作やタレントが彩色した作品、原寸大のガンダム頭部の展示もあり、初日から大勢でにぎわった。

 ガンプラは1980(昭和55)年の発売以降、作品に登場する多くのキャラクターが商品化され、累計販売数は4億個超。近年は海外でも人気という。

 会場には大小さまざまなキャラクターのプラモデルが並び、限定品販売や、作品中の戦闘場面をイメージしたジオラマ作品の展示も。大町市の菅沢(すげさわ)竜行さん(40)は午前7時に駆け付け、10時の開店を待った。これまで東京での催しに足を延ばしていたといい、「やっと松本に来たか」。限定品を購入し、「家に帰ってすぐにでも組み立てたい気分」と喜んでいた。

 5月9日までで入場無料。4月22、23、29、30日、5月4日には無料の組み立て体験会もある。いずれも午前11時、正午、午後2時、3時、4時からの5回開き、当日午前10時半から受け付ける。定員は各回15人。問い合わせは同店(電話0263・38・2101)へ。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット