鮮やかなピンクの花が満開になった桃=23日、長岡市左近町

鮮やかなピンクの花が満開になった桃=23日、長岡市左近町

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 花・紅葉

色に香りにうっとり 「左近の桃」500本満開 長岡

新潟日報(2017年4月24日)

 長岡市左近町の信濃川沿いの畑で、約500本の桃が満開の花を咲かせている。青空が広がった23日、ピンク色で埋め尽くされた畑から、風に乗って花の香りが漂った。畑を一望できる土手では写真を撮ったり、スケッチをしたりする人もいた。

 一帯は10軒ほどの農家が「あかつき」などの品種を栽培しており、「左近の桃」として市民に親しまれている。ことしは例年に比べ5日ほど早く見ごろになった。咲いた花は日増しに色味が濃くなり、26日ごろまで楽しめるという。やがて実をつけ、7月半ばに収穫される。

 車を降りて鑑賞していた長岡市干場1の会社員の女性(57)は「木が密集していて見応えがある。花はまさに桃色で、とてもきれい」と笑顔で話した。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース

長岡・寺泊・柏崎
イベント

長岡・寺泊・柏崎
スポット