見頃を迎えた菜の花畑=22日、新潟市北区

見頃を迎えた菜の花畑=22日、新潟市北区

新潟県 新潟・岩室 花・紅葉

ほのぼの黄の世界 菜の花満開 新潟・福島潟

新潟日報(2017年4月24日)

 新潟市北区の福島潟で、菜の花が見頃を迎えている。敷地内にある2・5ヘクタールの畑に約100万本の菜の花が咲きそろい、爽やかな香りが漂う。訪れた人は"黄色いじゅうたん"を背景に散策や写真撮影を楽しみながら、穏やかな春のひとときを過ごしていた。

 管理するビュー福島潟によると、菜の花は気温が上がり始めた3月末から咲き始め、例年通り今月いっぱいは満開の花を楽しめるという。潟の周囲にはヒバリの鳴き声も響く。自然指導員の佐久間昌孝さん(43)は「五感で春を味わってほしい」と話す。

 晴れ間が広がった22日は、家族連れや友人同士のグループなど多くの人が訪れた。散策していた新発田市の会社員の女性(57)は「色鮮やかな菜の花に囲まれて、ほのぼのとした気分になりました」と話した。

新潟・岩室 ニュース