大綱を引く小矢部側の参加者=倶利伽羅峠山頂

大綱を引く小矢部側の参加者=倶利伽羅峠山頂

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し その他

源平大綱引き、小矢部が3年ぶり勝利 倶利伽羅峠

北日本新聞(2017年4月24日)

 歴史国道イベント「くりから夢街道ウオーク越中VS加賀源平大綱引き合戦」は23日、小矢部市と石川県津幡町を結ぶ旧北陸道の倶利伽羅峠で開かれた。大綱引きは小矢部側参加者を源氏、津幡側参加者を平氏に見立てて対戦し、小矢部側が3年ぶりに勝利を収め、通算成績をともに6勝の五分に戻した。

 大綱引き合戦は木曽義仲の源氏軍が平維盛率いる平家軍を破った源平合戦がモチーフ。白の小矢部側と赤の津幡側それぞれ100人が1年間の大豊作を懸け、長さ120メートル、太さ12センチ、重さ600キロの紅白の大綱を引き合った。桜井森夫市長、矢田富郎町長も先頭で参加し、両市町の議会議長が大将として義仲や維盛役で応援した。

 1本15秒の3本勝負で先に2勝した方の勝ちとなる。小矢部側は1本目は僅差で勝ち、2本目は敗れたが、3本目は圧勝。参加者は3連敗を防いだことを万歳して喜んだ。

 対戦後、参加者は歴史国道散策に出発した。小矢部側の参加者は峠を彩るヤエザクラや新緑を眺めながら、ふもとの源平の郷埴生口まで約4・2キロを歩いた。

 綱引き前には地元団体による寸劇や和太鼓演奏があった。

 イベントは倶利伽羅峠を越える旧北陸道が歴史国道として整備されたことを機に両市町などでつくる実行委員会と北日本新聞社などが毎年実施している。

砺波・南砺・五箇山 ニュース

砺波・南砺・五箇山
イベント

砺波・南砺・五箇山
スポット