新潟県 新潟・岩室 鉄道

新潟駅内に新潟の町 待合室でジオラマ展示

新潟日報(2017年5月2日)

 JR東日本新潟支社は4月28日、新潟市中央区のJR新潟駅万代口待合室に、新潟県ゆかりの列車や名所の模型で構成するジオラマを設置した=写真=。

 ジオラマは縦1・2メートル、横1・8メートル。上越新幹線のE4系、E2系をはじめ、信越線を走る特急「しらゆき」、「SLばんえつ物語号」などの車両模型が並ぶ。町を彩るミニサイズの萬代橋や朱鷺メッセ、人形は市内の粘土模型作家、皆川リョウイチさんが制作した。

 万代口待合室は改札の内外にあり、ジオラマは改札外のスペースに置かれている。改札内の待合室には、1965~82年に運行された特急「はくたか」のヘッドマークや昔の改札鋏(きょう)、懐中時計といった鉄道備品を展示している。

 ジオラマを見ていた新潟市東区の主婦(70)は「よく知った名所が並んでいて楽しい。ゴールデンウイークに新潟を訪れる人に眺めてほしい」と話した。

新潟・岩室 ニュース

新潟・岩室
イベント

新潟・岩室
スポット