完成した無料冊子「ぶりっじ」を持つ沼尻さん

完成した無料冊子「ぶりっじ」を持つ沼尻さん

富山県 高岡・氷見・射水 その他

新湊内川周辺の家並み紹介 無料冊子「ぶりっじ」

北日本新聞(2017年5月6日)

 射水市の地域おこし協力隊員、沼尻美帆さん(28)が、活動の拠点にしている同市新湊地域中心部の家屋をテーマにした無料冊子「ぶりっじ」を製作した。内川周辺の昔ながらの家屋の特徴を紹介しており「町の魅力の再発見につながればうれしい」と話す。

 昔ながらの港町の風情を残す家並みが、地元住民や観光客の会話のきっかけになることを期待し、昨年9月から製作をスタート。NPO法人「水辺のまち新湊」のスタッフや識者らと協力し、B5判12ページにまとめた。

 冊子には北前船交易や漁業で栄えた町の歴史のほか、家屋の前面に取り付けられた格子「さまのこ」や意匠を凝らした組子の窓などを写真を交えて紹介。沼尻さんが「今後こういう情景になれば」と思い描く町の様子をイラストとともに描いているほか、見どころなども解説している。

 町中心部の全世帯に無料配布したほか、内川沿いの「番屋カフェ」や「川の駅新湊」、市観光協会などに計約3千部を置いている。寺社仏閣を取り上げる第2弾の構想もあり、沼尻さんは「冊子を片手に多くの人の交流が進むことを期待したい」としている。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット