真田幸村公像の前で行った供養と感謝祭

真田幸村公像の前で行った供養と感謝祭

長野県 上田・小諸 祭り・催し

幸村に改めて感謝 上田駅前で供養

信濃毎日新聞(2017年5月7日)

 上田市の上田駅前広場にある「真田幸村公像」前で6日、地元ゆかりの戦国武将・真田幸村(信繁)の供養と感謝祭があった。市民らでつくる実行委員会の主催。幸村が1615(慶長20)年の大坂夏の陣で豊臣方として戦い、討ち死にしたとされる5月7日を前に、約40人が同広場に集まり幸村をしのんだ。
 
 供養は、上田市の名前を全国に広めてくれた幸村に感謝の気持ちをささげようと毎年、行っている。この日は、小玉川(こたまがわ)神社(上田市東内)の青木立生(たつお)宮司(60)の神事の後、参加者らが幸村公像の前に設置された祭壇に玉串を供えた。
 
 実行委メンバーの島田基正さん(71)=上田市中央=は、昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」の放送などを引き合いに「上田の魅力に気付かせてくれたことに、改めて感謝したい。来年は一般の方にも周知して、より大勢の人に参加してもらいたい」と話していた。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット