信州なかのバラまつりのポスター

信州なかのバラまつりのポスター

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 花・紅葉 祭り・催し

バラ、世代超え楽しんで 中野「まつり」27日開幕

信濃毎日新聞(2017年5月12日)

 850種2500株のバラが植えられている中野市一本木公園で27日、恒例の「信州なかのバラまつり」(実行委員会主催)が開幕する。24回目の今年は6月11日までの16日間。特設ポストに手紙を投函(とうかん)する催しやクイズに答えてカードを集めるゲームを初めて企画しており、世代を超えて楽しめる工夫を凝らす。

 期間中は、郵便局の協力で、園内に特設ポスト1基を設け、バラの写真を印刷したポストカードを販売。その場で手紙を書いて投函すれば、市内に伝わる郷土玩具「中野土人形」の絵柄をあしらった消印を押してもらえる。まつりの思い出を活字にして心に深く刻んでもらう。

 5月28日と6月4日(受付・午前8時40分〜午後2時)には、子どもらが園内を巡ってクイズなどに答え、同市や山ノ内町の特産品や企業、園内のバラに由来したカードを集める体験型ロールプレーイングゲーム「ローズクエスト」(無料)を行う。

 5月28日にはバラ育種家、河合伸志さんの講演会を開催。6月3日には市出身のプロカメラマン大井川茂兵衛さんによるバラを美しく撮影する講習会を開くほか、信濃毎日新聞の多目的広報車「なーのちゃん号」が記念新聞を発行する。

 バラの生育状況は例年並み。5月下旬に早咲きの品種が花を咲かせ、6月上旬に公園全体が見頃を迎える見通しだ。人気漫画「ベルサイユのばら」をイメージして育成された6品種各1本の苗木を3月に植樹しており、6月上旬に花を付ける見通しという。

 特設駐車場は市街地の中野市防災広場(旧中野高校跡地)に設置。駐車場と公園を結ぶ無料シャトルバスは午前8時半〜午後5時に運行する。

 実行委の山田健治会長(48)は「親や子、孫が一緒に来場して楽しめるバラまつりにしたい」と話す。入園料500円(中学生以下無料)。問い合わせは市都市計画課(電話0269・22・2111、内線269)へ。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット