長野県 上田・小諸 グルメ

辛さも「天下無双」?雷電を七味でPR 東御市観光協会

信濃毎日新聞(2017年5月12日)

 東御市観光協会は13日、江戸時代に活躍した旧大石村(現東御市)出身の力士雷電(らいでん)為右衛門(ためえもん)(1767〜1825年)の浮世絵を外装にあしらったオリジナル七味唐辛子=写真=を発売する。生誕250周年の節目に、家庭で使う七味唐辛子とのコラボレーションで郷土の名力士をPRする。

 製造元は八幡屋礒五郎(長野市)。ショウガやオニオン、通常より辛みが強い唐辛子「バードアイ」、ユズなどを組み合わせており、豊かな風味が特徴。「天下無双」と評された雷電の強さをパンチの効いた辛さで、親思いだったとされる人柄をユズの優しい香りで表現したという。

 13、14日にしなの鉄道田中駅の市観光情報ステーションで開くイベント「とうみ市(いち)」で売り出す。とうみ市は午前10時〜午後4時で、市内のパン店などによるパンや菓子が並ぶ。

 同協会の担当者は「七味のような身近な商品を通して、雷電に親しみを感じてもらえればいい」と話している。1個780円(税込み)。まずは1年間限定で販売する。取り扱い店舗の問い合わせは東御市観光協会(電話0268・62・7701)へ。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット