松本丸の内ホテルが周遊観光用に導入した3輪電気自動車

松本丸の内ホテルが周遊観光用に導入した3輪電気自動車

長野県 松本・上高地・美ヶ原 アウトドア・レジャー

3輪EVで市街地観光を 松本のホテルが貸し出しへ

信濃毎日新聞(2017年5月18日)

 松本市入山辺の旅館「扉温泉明神館」を経営する明神館(松本市)は、同市大手3で経営する「松本丸の内ホテル」で3輪の電気自動車(EV)1台の貸し出しを近く始める。オープンカーで開放感のあるドライブが楽しめるといい、市街地の周遊観光に利用してもらう。

 EVは富山市の自動車メーカー光岡自動車製。明神館によると、この車種の導入は県内初。乗車定員は2人で、後部に座席を取り付けて4人乗りにもできる。小型のため小回りが利き、狭い路地でも走りやすいという。

 車体の正面にホテルのロゴマークと、城下町を楽しもうとの意味を込めた「BeaShiro―MachiExplorer!!」の文字をあしらった。側面には蔵の町をイメージさせるなまこ壁をデザインした。

 同ホテルや明神館の宿泊客、グループ会社が市内で営むレストラン「ヒカリヤ」の客のほか、訪日外国人の利用も見込む。保険料込みのレンタル料金は1時間1500円、2時間2700円。予約不要。運転には普通免許が要る。同ホテルの橘由紀支配人は「環境に優しい次世代の乗り物で、ゆっくり松本観光を楽しんでほしい」としている。

 利用についての問い合わせは松本丸の内ホテル(電話0263・35・4500)へ。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット