安曇野市豊科近代美術館の庭園で咲くバラ。27日に始まるバラ祭りに合わせて見頃を迎えそうだ

安曇野市豊科近代美術館の庭園で咲くバラ。27日に始まるバラ祭りに合わせて見頃を迎えそうだ

長野県 白馬・安曇野 花・紅葉 祭り・催し

安曇野のバラ、見に来て 27日から祭り

信濃毎日新聞(2017年5月26日)

 約500種類、計千本ほどのバラを栽培する安曇野市豊科近代美術館のバラ園で27日、恒例の「バラ祭り」が始まる。初日は隣接する市役所東側玄関周辺で、ソフトドリンクや酒の試飲と販売がある「安曇野ドリンクフェスタ」(酒造会社関係者らでつくる実行委員会主催)も開催。バラは祭りに合わせて見頃を迎える見込みで、一帯は週末、多くの人でにぎわいそうだ。バラ祭りは6月4日まで。

 バラ園の花は、美術館職員と20人ほどの市民ボランティアが手入れをしている。同美術館によると、今年はやや生育が遅かったが、ここ数日の暑さで赤や白、黄色の花々が一気に開きだしたという。

 祭りの期間中、会場では各種イベントを予定。27、28の両日は、午前9時からバラの苗を販売するほか、子どもの写真撮影用にドレスや王冠を無料で貸し出す。3日午後2時からは、ソプラノ歌手らによるコンサートを美術館多目的ホールで開催(入館料が必要)。4日午後1時半からは、ガーデンデザイナーがバラの手入れを指導する。

 ドリンクフェスタは昨年からバラ祭りに合わせて開いており、今年は18団体がブースを設け、各種飲み物を提供する。かき氷の振る舞いや南安曇農業高校(安曇野市)の生徒による鶏卵の販売もある。

 問い合わせは、バラ祭りについては美術館(電話0263・73・5638)、ドリンクフェスタは実行委(電話0263・72・2223)へ。

白馬・安曇野 ニュース

白馬・安曇野
イベント

白馬・安曇野
スポット