昨年の全国競技かるた女流選手権大会の様子=2016年12月23日、京都市の時雨殿

昨年の全国競技かるた女流選手権大会の様子=2016年12月23日、京都市の時雨殿

福井県 あわら・坂井 祭り・催し

かるた女流選手権、6月開催 250人はかま姿で対戦

福井新聞(2017年5月29日)

 競技かるたの名人・クイーン位戦や全日本選手権などと並ぶ4大タイトルの一つ「第49回女流選手権大会」(全日本かるた協会主催、あわら市共催、福井新聞社後援)が6月18日、同市の温泉旅館「清風荘」で開かれる。トップ選手が集結し、はかま姿で緊張感と迫力ある対戦を繰り広げる。無料で観覧できる。

 同市での開催は初めて。例年は京都市の時雨殿で12月に開催しているが、改修工事のためあわら市で半年早い開催が決まった。坪田翼準クイーン(東京東会)をはじめA、B、C級に県内外から計約250人が出場する予定。

 午前9時20分から開会式があり、同10時ごろから級ごとに試合を行う。一般の人は試合会場で観覧できる。館内の別室に大スクリーンを置き、全日本かるた協会の指導者による解説付き生中継を行う。えちぜん鉄道あわら湯のまち駅前広場内の足湯施設「芦湯」にあるモニターとインターネットサイトでも生放送する。会場では「ちはやふるweek inあわら」のタオルなどグッズの販売もある。

 問い合わせはあわら市観光商工課=電話0776(73)8029。

あわら・坂井 ニュース