入賞したポスターを前に「本当にうれしかった」と話す宮沢さん

入賞したポスターを前に「本当にうれしかった」と話す宮沢さん

長野県 伊那路 その他

阿智の観光ポスター入賞 星空・ハナモモ・昼神温泉PR

信濃毎日新聞(2017年6月9日)

 阿智村の第三セクター「阿智☆昼神観光局」が昨年作った観光ポスターが、日本観光振興協会(東京)の第65回日本観光ポスターコンクールで入賞(3点)に選ばれた。国土交通大臣賞など五つの賞に次ぐ。同協会によると、全国の自治体や観光協会などから231点の応募があり、県内からの受賞は唯一という。

 ポスターはB2判で3枚一組。「絶景が待つ、阿智村」とのキャッチコピーを添え、村を代表する観光資源の星空、ハナモモ、昼神温泉をPRしている。

 星空やハナモモを楽しみに村を訪れる人は多いが、曇っていたり、花の勢いがいまひとつだったりといつも条件が良いとは限らない。デザインを考えた企画戦略部係長の宮沢尚美さん(36)は「自然も人間と同じように表情を変えていく」と感じ、星空などに顔などのイラストを付けた。どれもにっこりと笑う顔で、観光客を歓迎しているようだ。

 阿智村の名前を全国に発信していこうと、初めてコンクールに応募。9月に都内で開かれる国内最大級の旅行博覧会「ツーリズムEXPOジャパン」では、他の受賞作品と共に会場に並ぶ。宮沢さんは「このポスターを見て、村を訪れる人が増えてほしい」と期待。ポスターは、同村昼神温泉郷の旅館などにも展示している。

伊那路 ニュース