白ワインで乾杯する「ワイン巡り」の参加者

白ワインで乾杯する「ワイン巡り」の参加者

長野県 松本・上高地・美ヶ原

ワイン飲み比べ ほろ酔い気分 美ヶ原温泉でイベント

信濃毎日新聞(2017年6月11日)

 松本市の美ケ原温泉で10日、温泉宿を巡りながら松本地方のワインを飲み比べる催し「ワイン巡り」が2日間の日程で始まった。美ケ原温泉旅館協同組合が誘客につなげようと毎年開いており、8回目。県内外からワイン好きが集まり、ほろ酔い気分で温泉街のそぞろ歩きを楽しんだ。

 参加者は一般客1500円、旅館の宿泊客800円の「通行手形」を購入し、案内地図を片手に巡った。12軒の旅館がそれぞれ異なる銘柄のワインと手作りのつまみを用意。通行手形1枚で6軒のワインが味わえる。参加者は常連グループも多く「次はどこにしようか」と相談しながらワインを味わっていた。

 「ママ友」3人で訪れた山岸瑞穗さん(45)=松本市=は「地元のワインを飲み比べる機会はあまりない。旅館の様子も分かって、雰囲気のいい宿を友人に薦められる」。組合の老平(おいだいら)義明理事長(66)は「参加者は年々増えている。旅館を利用するきっかけにしてほしい」と話す。

 催しは11日午後2〜5時にも開く。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット