松本城太鼓門

松本城太鼓門

長野県 松本・上高地・美ヶ原 その他

松本城太鼓門内部 常時公開を検討

信濃毎日新聞(2017年6月15日)

 18年前に復元された松本城太鼓門(松本市)内部の常時公開を市教委が検討している。現在は年3回の特別公開だけだが、市教委の矢久保学教育部長は14日、「伝統的な木造建築や城郭の門としての機能をより深く理解いただける」と市議会一般質問で述べ、来年度以降、常時公開を検討する考えを示した。

 市教委によると、太鼓門は1999年、絵図などを基に木造で再建された。管理上の問題などから限定公開にとどめてきた。常時公開を見据え、未実施の太鼓門の耐震診断も「安全確保のため早期に実施していく」とした。

 太鼓門ではこれまで、特別公開に合わせて企画展を行っており、昨年度の入場者数は3回で計約5万9千人。本年度は松本城にまつわる伝説を紹介した企画展「松本城のフシギな伝説」を春に開き、約2万7千人が訪れた。今夏はバーチャルリアリティー(仮想現実)技術による松本城の江戸時代の再現映像などを活用した展示を予定している。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース