たくさんの山タケノコを採った参加者たち=18日、湯沢町の苗場スキー場

たくさんの山タケノコを採った参加者たち=18日、湯沢町の苗場スキー場

新潟県 越後湯沢・魚沼・奥只見 アウトドア・レジャー 特産

山タケノコ採り ゲレンデで満喫 湯沢

新潟日報(2017年6月20日)

 ネマガリタケ(山タケノコ)の収穫イベントが18日、湯沢町の苗場スキー場で行われた。県内外から集まった約300人が、汗だくになって山の幸の収穫を楽しんでいた。

 イベントは苗場観光協会の主催。スキーシーズンと夏場の間の閑散期に、人を呼び込もうと1996年から続けている。

 会場は苗場スキー場の頂上、筍山(たけのこやま)(1789メートル)の周辺。森林管理署の許可を得ている地元の共用林組合の関係者以外は本来、ここでの山菜や山タケノコ採りは禁止されている。だが、この日ばかりは"採り放題"だ。

 リュックを背負った参加者たちは、竹やぶに分け入り、土の中から姿をあらわす山タケノコを次々に採っていた。参加した新潟市中央区の無職、男性(66)は「毎回、近所の人や友達にお裾分けしている」と満足そうだった。

 ことしは雪消えが遅く、山タケノコの成長は例年より遅いという。イベントは24、25日と、来月1、2日も開催する。問い合わせは苗場観光協会、025(789)2706。

越後湯沢・魚沼・奥只見 ニュース