観劇に必要になるワッペン

観劇に必要になるワッペン

長野県 伊那路 祭り・催し

全492公演、いいだ人形劇楽しんで ワッペン25日発売

信濃毎日新聞(2017年6月24日)

 飯田市などで8月1〜6日に開かれる「いいだ人形劇フェスタ2017」の実行委員会は今月25日から、全492公演の観劇の参加証になるワッペンと、有料公演チケットを販売する。今年のフェスタのテーマは「きらめく夏魔法の笑顔」。ワッペンにはきらきらと輝く夏空、魔法使いの人形、赤い屋根が特徴的な飯田駅が描かれている。

 全公演のうち、台湾・高雄市の影絵人形芝居・皮影劇(ピーインシー)や、飯田市のNPO法人いいだ人形劇センターが約2年かけて制作した巨大人形劇「さんしょううお」など約430公演はワッペンのみで鑑賞できる。有料公演には別途チケットも必要になる。

 ワッペンは700円(3歳未満無料)。飯田文化会館や市役所、市内の各公民館などで販売する。有料公演チケットは同文化会館の窓口か電話(電話0265・23・3552)で受け付ける(窓口販売優先)。受付は午前9時〜午後5時(今月26日以降は午後7時)。

伊那路 ニュース