高岡古城公園を散策し、歴史や魅力を学ぶ参加者=高岡市古城

高岡古城公園を散策し、歴史や魅力を学ぶ参加者=高岡市古城

富山県 高岡・氷見・射水 その他

観光ボランティアが高岡の魅力学ぶ 養成講座の現地学習

北日本新聞(2017年6月29日)

 高岡市の歴史や文化に理解を深める「高岡観光ボランティアガイド養成講座」の現地学習が28日始まり、参加者20人が高岡古城公園や日本三大仏の高岡大仏を散策してまちの魅力を学んだ。

 地元の観光ボランティアグループ「やまたちばな」の会員、土代正美さんが案内役を務めた。

 古城公園では、土代さんが「日本の都市公園100選」や「日本さくら名所100選」などに選ばれていることを紹介。桜はソメイヨシノだけでなく、コシノヒガンや山桜といった多くの種類があることを説明した。本丸広場周辺では高岡開町の祖・前田利長の銅像や、彫刻家の朝倉文夫、澤田政広らが制作したブロンズ像を見て回った。

 同市の楠隆司さん(63)は「ブロンズ像の価値が分かった。高岡らしくて良いと思う」と振り返った。

 養成講座は市観光協会が9月まで計7回開催し、市内の観光ボランティア団体が協力する。次回は7月12日に金屋町で現地学習を行う。問い合わせは同協会、電話0766(20)1547。

高岡・氷見・射水 ニュース