バスに貼る「くるり野辺山」と書かれたマグネット

バスに貼る「くるり野辺山」と書かれたマグネット

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 アウトドア・レジャー

野辺山観光巡回バス運行 南牧村、観光列車に合わせ

信濃毎日新聞(2017年7月7日)

 南牧村は7日から、同村野辺山の観光施設などを巡回する無料の観光バス「くるり野辺山」を運行する。信州デスティネーションキャンペーン(DC)に合わせて小海線を走る観光列車「HIGHRAIL(ハイレール)1375」が野辺山駅に停車することから、公共交通機関が鉄道しかない村内を、観光客が迷うことなく回り、楽しんでもらえるように運行を決めた。主に同列車の運行日に合わせ、9月30日まで走らせる。

 村が所有する10人乗り(運転手を含む)のバスを活用。運行は村内の運送業者に委託する。野辺山駅発着で1日4便。同駅を午前10時、同11時10分、午後0時5分、同1時50分に出発し、国立天文台野辺山宇宙電波観測所や滝沢牧場、村農畜産物直売所など計7カ所に停留所を設けて回る。村は委託料として約90万円を予算化している。

 バスには「くるり野辺山」と書かれた大型のマグネットを貼り付け、観光客にもひと目でわかるように工夫。村総務課の吉沢純さん(26)は「バスで時間を有効に利用して、野辺山の魅力を満喫してほしい」と話している。運行日などの詳しい問い合わせは村役場総務課(電話0267・96・2211)へ。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット