諏訪湖上で打ち上げた花火を見物する観客ら=17日午後8時

諏訪湖上で打ち上げた花火を見物する観客ら=17日午後8時

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 祭り・催し

胸に響く音と光、湖上花火3000発 諏訪湖でイベント

信濃毎日新聞(2017年7月19日)

 諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館協同組合は17日夜、「上諏訪温泉宿泊感謝イベント」と銘打って、諏訪市の諏訪湖上で花火3千発を打ち上げた。海の日に合わせて企画。流行の歌謡曲に合わせ、テンポよく上がる「ミュージックスターマイン」などに大勢の観客が歓声を上げた。

 3歳と1歳の息子を連れ、湖畔で見物をした岡谷市の自営業河上梢(こずえ)さん(31)は「胸に響く音を子どもたちに聞かせたくて来た。子どもたちもずっと空を見上げていた」と話していた。

 打ち上げ前には、岡谷市の社会人20人ほどでつくるアマチュア吹奏楽団「あんこーる」が、ヒット曲「恋」など7曲を披露。近隣の宿泊施設の客を対象に、宿泊券などが当たる抽選会もあった。

 同協会などは今年も23日から8月27日まで「サマーナイトファイヤーフェスティバル」と題し、諏訪湖で毎晩800発の花火を打ち上げる。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース