深志神社に到着した小池町会の舞台

深志神社に到着した小池町会の舞台

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し

16町会の山車続々 松本・深志神社で天神祭

信濃毎日新聞(2017年7月25日)

 松本市の深志神社で例大祭「天神祭(まつり)」が24日、2日間の日程で始まった。初日の前夜祭は、子どもたちの威勢のいい掛け声が響く中、本町や中町など16町会の「舞台」と呼ばれる2階建ての山車を地元の住民たちが各町内から神社境内まで引き込んだ。

 小池町会の舞台は明治時代に造られ、下層部の桃太郎の物語を表現した木彫りが特徴。舞台に乗った約20人の子どもたちが6月から練習を重ねたおはやしを披露した。約30分かけて神社の境内に到着すると、住民たちは缶ビールを飲んで成功を祝った。

 25日は午前11時に神事があり、午後3時半に舞台は各町会に向けて出発する。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース