雨の中、映画祭の大型スクリーンやテントを設営する実行委員たち

雨の中、映画祭の大型スクリーンやテントを設営する実行委員たち

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 祭り・催し

原村「星空の映画祭」28日開幕 「君の名は。」など

信濃毎日新聞(2017年7月26日)

 満天の星空の下で映画を鑑賞する「星空の映画祭」が28日、原村の八ケ岳自然文化園で始まる。8月20日まで、村民らでつくる実行委員会が選んだ9作品を毎晩1作品ずつ上映する。実行委は園内の屋外ステージに高さ5メートル、幅11メートルの大型スクリーンを設けるなど会場作りを進めている。

 上映作は、小海町出身の新海誠監督によるヒット作「君の名は。」や、第89回米アカデミー賞で6部門を受賞したミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」など。実行委の中村洋平さん(37)=原村=は「森の中で非日常的な雰囲気を味わってほしい」と話す。

 映画祭は、同園近くの「ペンションビレッジ」のペンション経営者が1981(昭和56)年に始めた。資金不足で2007年に中断したが、地元住民らが実行委をつくって10年に復活。昨年は約7500人が訪れた。

 午後8時開演。雨天決行。8月4、5日は休み。一般1300円(前売り千円)、高校生千円、小中学生500円。全席自由。上映作は映画祭ホームページで紹介している。問い合わせは八ケ岳自然文化園(電話0266・74・2681)へ。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース