松本駅のホームで乗降客を出迎えたお笑いコンビの中川家(手前左の2人)

松本駅のホームで乗降客を出迎えたお笑いコンビの中川家(手前左の2人)

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し

「中川家」があずさ出迎え 松本駅一帯でイベント

信濃毎日新聞(2017年7月30日)

 JR東日本長野支社と松本市は29日、松本駅一帯で「マツモトステーションフェスティバル」を開いた。「信州デスティネーションキャンペーン」に合わせた企画。お笑いコンビ「中川家」の2人がホームで乗降客を出迎えたほか、鉄道模型の展示や特産品販売などで夏の信州をアピールした。

 中川家の2人は午前11時28分松本着の特急あずさ7号をホームで出迎えた。代わる代わるマイクを握り「松本ー、松本ー」「夏の信州を楽しんで」とアナウンス。北島喜美雄駅長(57)が「滑らかでお上手」と太鼓判を押した。

 東京から松本市内に帰省した佐藤みどりさん(58)は「ホームに降りたら、中川家のアナウンスでびっくり。信州は湿気が少なくて楽ですね」と話していた。

 鉄道模型の展示コーナーやスタンプラリーもあり、電車好きの子どもらが熱中。特産品の販売では、旬の果物や野菜、松商学園高校(松本市)商業科の生徒が開発したそば茶アイスなどが並び、観光客らが買い求めた。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット