39万円の高値をつけたルビーロマンの初競り=東京・大田市場

39万円の高値をつけたルビーロマンの初競り=東京・大田市場

石川県 金沢市周辺 特産

東京初競り、1房最高39万円 ルビーロマン

北國新聞(2017年8月1日)

 石川県産高級ブドウ「ルビーロマン」の東京での今季初競りが31日、都中央卸売市場大田市場で行われ、出荷された31房のうち「特秀」の1房が都内では過去最高値となる39万円で競り落とされた。東京への出荷は今年8年目で、生産者は「さらにルビーロマンブランドを浸透させたい」と意欲を新たにしている。
 39万円のルビーロマンは仲卸の丸二(東京)が競り落とし、日本橋高島屋の青果店に並べられた。これまでの最高額は昨年の30万円だった。
 ルビーロマンは県が14年掛けて開発した品種で、1粒20グラム以上の大きさと糖度18度以上の甘さが特長。JA全農いしかわは、今季の出荷量を昨年実績より1割多い2万6千房と見込んでおり、これから収穫が本格化する。
 生産者でつくるルビーロマン研究会の大田昇会長は市場で競りの様子を見守り、「ここまで来られるとは思っていなかった。これからも期待に応えるルビーロマンづくりを頑張りたい」と話した。
 1日は大阪市中央卸売市場でも今季初競りが行われる。

金沢市周辺 ニュース