豪快に引き回されるたてもん=諏訪神社

豪快に引き回されるたてもん=諏訪神社

富山県 黒部・宇奈月・新川 祭り・催し

豪快たてもん曳き回し じゃんとこい魚津まつり開幕

北日本新聞(2017年8月5日)

 魚津市の夏の一大イベント「第48回じゃんとこい魚津まつり」が4日夜、開幕した。国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産に登録されてから初めての「たてもん祭り」が諏訪神社(同市諏訪町)であり、豪快な曳(ひ)き回しで見物客を魅了した。

 たてもん祭りは豊漁と航海の安全を願う伝統行事で国指定重要無形民俗文化財。そり形の台に高さ約16メートルの柱を立てて約90個のちょうちんを三角形につるし、重さは約5トンになる。たてもんを含め18府県33件の「山・鉾(ほこ)・屋台行事」が昨年12月にユネスコ無形文化遺産に登録された。

 氏子町の諏訪町1~5区と港町、元町の7基が各町の若衆やボランティアに引かれて同神社前に移動。1基ずつ境内に進み、笛や太鼓が演奏される中、青年団長が振る鐘の音を合図に勢いよく回された。飾りの明かりが夜空を彩り、見物客が歓声を上げた。

 同神社周辺は日中から祭りムード一色で、魚津保育園(同市本町)の園児98人が「ちびっこたてもん」の曳き回しや太鼓演奏を披露した。

 魚津まつりは市と魚津商工会議所、市観光協会主催、北日本新聞社共催。

 【主な行事】◇5日▽「UO!JAZZ&山・鉾・屋台フェスティバル」(午後3時、海の駅蜃気楼)▽キャンドルロード(同6時50分、中央通りなど)▽海上花火大会(同7時40分、魚津港)▽たてもん祭り(同8時半、諏訪神社)◇6日▽せり込み蝶六踊り街流し(同7時、22メートル通り)◇7日▽経田七夕祭り(同5時50分、経田漁港特設会場)

黒部・宇奈月・新川 ニュース

黒部・宇奈月・新川
イベント

黒部・宇奈月・新川
スポット