完成したあんどんを前に笑顔の明神新自治会のメンバー

完成したあんどんを前に笑顔の明神新自治会のメンバー

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

あんどんで幻想的に 5日、射水市堀岡地区で七夕カーニバル

北日本新聞(2017年8月5日)

 5日に射水市堀岡地区(新湊)で催される「第8回七夕・行(あん)灯(どん)カーニバル」(北日本新聞社後援)に向け、地元の明神新自治会があんどんを作った。当日は明かりをともして地区内の「せせらぎ水路」につり下げ、会場を幻想的に彩る。

 2009年に地元の婦人会有志が企画。堀岡地域振興会(法土計介会長)が翌年から引き継ぎ、続けている。地元の自治会や事業所、団体などが1辺50センチのあんどん約70基を製作・展示し、地区を挙げたイベントとなっている。

 明神新自治会は、婦人部が中心となり4基を作った。アニメのキャラクターを描いた子ども向けの図柄のほか、七福神など縁起の良い絵などをしたためた。文字を切り抜いて色の付いたフィルムを張ったものも用意した。

 当日は、子どもたちがちょうちんを持って地区内を練り歩く「提(ちょう)灯(ちん)行列」やアマチュアバンド「楽屋姫」のコンサート、焼き鳥や焼きそばなどの屋台出店を予定している。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット