ゴンドラリフト山頂駅近くから望む女神湖

ゴンドラリフト山頂駅近くから望む女神湖

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 祭り・催し アウトドア・レジャー

女神湖の花火、山から見下ろす 立科町がゴンドラ夜間運行へ

信濃毎日新聞(2017年8月5日)

 立科町は11日、女神湖で開く白樺高原花火大会(蓼科白樺高原観光協会主催)に合わせて、ゴンドラリフトを夜間に臨時運行する。初めての企画。ゴンドラリフト山頂駅(標高1830メートル)と女神湖との標高差は約300メートルで、町観光商工課は「花火を見下ろすというなかなか見られない光景を楽しんで」とPRしている。

 花火の打ち上げは午後8時から。参加者は午後7時20〜40分の間にゴンドラに乗り、山頂駅に向かう。ゴンドラ1台の定員は6人で、グループ別に乗車できる。花火大会が終了する午後9時から下りを運行する。町はレジャーシートや毛布を貸し出す。

 同花火大会は例年、周辺の宿泊施設が満室になるほどにぎわうという。ゴンドラは先着100人で要予約。大人2千円、児童千円。問い合わせは町白樺高原総合観光センター(電話0267・55・6201)へ。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット