北穂高岳に向けて出発する修猷館高校山岳部の生徒たち=10日午前5時19分、涸沢

北穂高岳に向けて出発する修猷館高校山岳部の生徒たち=10日午前5時19分、涸沢

長野県 松本・上高地・美ヶ原 アウトドア・レジャー

頂が呼んでいる 「山の日」盛況の涸沢

信濃毎日新聞(2017年8月11日)

 北アルプス涸沢は10日、朝から晴れ渡った。国民の祝日「山の日」の前日とあって、山小屋のテラスは暗いうちから、日の出を待つ登山客らで大にぎわい。テント場にはオレンジや黄緑など色とりどりのテントが並んだ。

 福岡県立修猷館高校(福岡市)山岳部の生徒23人はテント泊を経て北穂高岳を目指した。まず雪渓の上に集まり、顧問の掛け声で輪になって準備運動。ヘルメットのひもをしっかりと締め、明るくなってきた午前5時すぎ、数人ずつのパーティーに分かれて慎重な足取りで歩き始めた。

 準備万端で臨む生徒たちの様子に、年配の登山客は「しっかりしているね」と感心。部長で2年の糸永太一さん(17)は「部員たちは北穂からの縦走を楽しみにしている。部長としてしっかり統率します」と話した。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット