大勢の家族連れや若者たちでにぎわうプール=県民公園太閤山ランド

大勢の家族連れや若者たちでにぎわうプール=県民公園太閤山ランド

富山県 アウトドア・レジャー

お盆休み行楽 家族連れの歓声響く

北日本新聞(2017年8月13日)

 12日の県内は時折雨が降るぐずついた天気だったが、行楽地には盆休みを楽しむ家族連れの歓声が響いた。

 射水市黒河の県民公園太閤山ランドのプールは約2200人が来場し、流水プールでは子どもたちがゆったりと流れに身を任せて泳いでいた。石川県能登町から家族4人で訪れた小原暖乃(のんの)さん(11)は「水に乗ってチューブの中を滑り降りる遊具が楽しかった」と笑顔を見せた。

 黒部峡谷鉄道のトロッコ電車は朝の始発から宇奈月温泉駅の改札口に行列ができた。終点・欅平(けやきだいら)には峡谷美を堪能する観光客の姿が見られた。山形県鶴岡市から訪れた諏訪淳子さん(55)は「風が気持ちよく景色を満喫できた」と話した。

 富山市の岩瀬浜海水浴場には家族連れや若者グループが訪れ、浮輪につかまって波に揺られたり水を掛け合ったりして海水浴を楽しんでいた。

 落差350メートルで日本一を誇る立山町の称名滝は、ここ数日の雨で水量が多かった。滝見台を訪れた人々は「勢いがすごい。雨の中、来て良かった」と、いつも以上に豪快な滝の姿を楽しんでいた。

 北陸自動車道の小矢部川サービスエリアは行楽のマイカーで混雑し、県外ナンバーも目立った。

富山県 ニュース