初出荷されたシャインマスカット=宝達志水町敷浪のJAはくい南部育苗センター

初出荷されたシャインマスカット=宝達志水町敷浪のJAはくい南部育苗センター

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく 特産

シャインマスカット市場へ JAはくい、県内初の共販出荷

北國新聞(2017年8月19日)

 羽咋市と宝達志水町で生産されるブドウ「シャインマスカット」の出荷が18日、同町敷浪のJAはくい南部育苗センターで始まった。JAを介したシャインマスカットの共販出荷は県内で初めてとなる。初日は黄緑色で糖度の高い24房が持ち寄られ、金沢市中央卸売市場に運ばれた。
 同JAぶどう部会はおととしから苗木を増やし、産地化を進めている。22軒の農家がシャインマスカットを栽培しており、今季は2、3軒の農家が8月末まで計約100房を出荷する。
 部会はルビーロマンとデラウェアに加え、シャインマスカットの投入で出荷販売額1億円達成を目指す。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース