中央区役所移転を記念して作られたコラボ弁当。手前がヘルシープレート。左奥がハンバーグカレー

中央区役所移転を記念して作られたコラボ弁当。手前がヘルシープレート。左奥がハンバーグカレー

新潟県 新潟・岩室 グルメ 特産

新潟中央区役所移転 コラボ弁当販売 県産食材ふんだんに

新潟日報(2017年8月22日)

 新潟市中央区の野菜ソムリエ清野朱美さんや新潟グランドホテル、新潟三越による「コラボ弁当」が21日、同区古町地区の複合ビルNEXT21の1階アトリウムで初めて販売された。同ビルへの中央区役所移転を記念して考案。県産の素材をふんだんに使った弁当が並び、区役所を訪れた市民らが買い求めていた。

 区役所移転から9月13日までの約1カ月間、アトリウムで開かれる「まちなか活性化フェスティバル」の一環。コラボ弁当は清野さんが監修、新潟グランドホテルが製造、新潟三越が販売という形で、約3カ月前から準備を進めてきた。

 コラボ弁当は県産野菜などで彩られた「ヘルシープレート」と、夏野菜や新潟和牛、県産深雪もち豚を使ったハンバーグカレーの2種類で、共に600円。スイカなどを使ったスムージーも用意した。

 この日は販売開始前に30人以上の行列ができた。それぞれ50食ずつ用意した弁当は、わずか30分ほどで売り切れになった。担当した新潟グランドホテルデリカ課の原田賢課長は「古町地区を盛り上げようと思って作った。こんなに反響があるとは思わなかった」と笑顔を浮かべていた。

 コラボ弁当は9月11日までの毎週月曜午前11時から販売する。今回同様、各50食限定。清野さんは「1日に必要な野菜の半分をランチで取れるよう考えた。新潟の野菜のおいしさを再認識してもらう機会になればうれしい」と話していた。

 問い合わせはまちなか活性化実行委員会事務局の中央区地域課、025(223)7054。

新潟・岩室 ニュース