境内で乱舞するキリコ=26日午後7時45分、志賀町八幡の冨木八幡神社

境内で乱舞するキリコ=26日午後7時45分、志賀町八幡の冨木八幡神社

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく 祭り・催し アウトドア・レジャー

キリコ乱舞、男衆熱気 志賀・富来地域で「冨木八朔祭礼」

北國新聞(2017年8月27日)

 志賀町富来地域に伝わる冨木八朔(とぎはっさく)祭礼は26日、御(お)旅(たび)祭りで幕を開けた。大小のキリコ二十数基が同町八幡の冨木八幡神社で勇壮な乱舞を繰り広げると、境内に熱気が渦巻き、大勢の見物客が日本遺産「能登のキリコ祭り」を堪能した。
 午後7時すぎから、各地区のキリコが次々と神社に集まった。太鼓や鉦(かね)の音、祭り唄が響く中、法被姿の男衆らがキリコを担いで境内に駆け上がり、高々と差し上げ「サーセイッ、サーセイッ」と声を合わせた。
 祭礼は男神と女神が年に一度の逢瀬(おうせ)を楽しんだ伝承に由来し「くじり祭り」とも呼ばれる。27日の本祭りでは、住吉神社に各地区の神輿(みこし)がそろい、増穂浦(ますほがうら)を通る「浜回り」が行われる。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース

和倉・七尾・羽咋・かほく
イベント

和倉・七尾・羽咋・かほく
スポット