情感豊かに歌い上げ、秀位1席に選ばれた小川さん=越中八尾観光会館

情感豊かに歌い上げ、秀位1席に選ばれた小川さん=越中八尾観光会館

富山県 富山・八尾 祭り・催し

小川さん(城端)秀位1席 おわらのど自慢コンクール

北日本新聞(2017年8月28日)

 第70回おわらのど自慢コンクールが27日、富山市八尾町上新町の越中八尾観光会館で行われ、最高位の秀位1席に小川祐生恵さん(25)=南砺市北野(城端)、秀位2席に野川佳代さん(27)=石川県白山市=が選ばれた。県民謡越中八尾おわら保存会(金厚有豊会長)主催、北日本新聞社共催。

 おわらの本場の伝統と技術を守り、広めることなどを目的に毎年開いている。今回は70回を記念し、15歳以下の「ジュニアの部」を新設。一般の部に49人、ジュニアの部に3人が参加した。

 出場者は県民謡越中八尾おわら保存会メンバーの伴奏に合わせ、それぞれ情感豊かに歌い、節回しや声量などが審査された。一般の部の決勝には11人が進出。秀位に2人、優位に5人が決まった。

 民謡を約20年間続けているという小川さんは「とても緊張した。秀位を受けるとは思っていなかった」と驚きの表情を見せ、初めて参加したという野川さんは「本場のおわらを学びに来た。本当にびっくり」と話した。

 ◇一般の部優位▽1席=滝口梨沙(富山市)▽2席=柿沼初雄(宇都宮市)▽3席=義永安子(高岡市)▽4席=中村栄一(金沢市)▽5席=南加代子(富山市)◇ジュニアの部秀位=宮崎麗奈(黒部市)

富山・八尾 ニュース