鏡町おわら保存会の演舞を楽しむメンバーら=杉風荘

鏡町おわら保存会の演舞を楽しむメンバーら=杉風荘

富山県 富山・八尾 祭り・催し

日光市の40人おわら堪能 「八尾四季」の小杉放菴出身地

北日本新聞(2017年9月4日)

 おわらの名歌「八尾四季」を詠んだ栃木県日光市出身の文人画家、小杉放庵(ほうあん)を顕彰する同市の「小杉放(ほう)菴(あん)研究舎」(柳原一興主宰)のメンバー約40人が3日、おわら風の盆が行われている富山市八尾町中心部を訪れ、坂の町の風情を堪能した。

 放庵は1928年、「おわら中興の祖」として知られる同市八尾町東町の開業医、川崎順二に招かれて、おわらを鑑賞。春夏秋冬の風情を表した「八尾四季」を作った。

 研究舎のメンバーは、放庵が滞在した同市八尾町鏡町の旧料理旅館「杉風荘(さんぷうそう)」を訪問し、鏡町おわら保存会による演舞をじっくりと楽しんだ。

富山・八尾 ニュース