国名勝・天然記念物指定から90年となった村上市の「笹川流れ」。手前の岩はライオンが立ったような姿から「雄獅子岩」、中央の岩は恐竜が水を飲んでいるような姿から「恐竜岩」と呼ばれている=5日(本社ヘリから)

国名勝・天然記念物指定から90年となった村上市の「笹川流れ」。手前の岩はライオンが立ったような姿から「雄獅子岩」、中央の岩は恐竜が水を飲んでいるような姿から「恐竜岩」と呼ばれている=5日(本社ヘリから)

新潟県 村上・胎内 その他

笹川流れ趣伝え 名勝・天然記念物指定90年

新潟日報(2017年9月6日)

 村上市の景勝地「笹川流れ」が5日、1927(昭和2)年の国の「名勝及(およ)び天然記念物」指定から90年の節目を迎えた。

 文化財指定当時の国の資料には「北日本における海岸の景勝地として特に優れている」などとされているほか、海岸隆起や海蝕(かいしょく)作用などが「学術研究上、類例のない資料」だという。奇岩や白砂青松が織りなす約11キロの風光明媚(めいび)な海岸線は、指定から90年たった今も、訪れた人を魅了している。

村上・胎内 ニュース