新メニュー「ガパオ風みょうこうごはん」(右)と「華麗舞コロッケ」

新メニュー「ガパオ風みょうこうごはん」(右)と「華麗舞コロッケ」

新潟県 上越・妙高・糸魚川 祭り・催し グルメ 特産

「華麗舞」華麗に変身 30日のイベントで販売 妙高

新潟日報(2017年9月8日)

 妙高市産のカレー専用米「華麗舞」の魅力を伝えようと、同市坂井新田の専門調理師青木和子さん(62)がコミュニティー放送局「FMみょうこう」と協力して「ガパオ風みょうこうごはん」と「華麗舞コロッケ」を考案した。30日に中町いきいきプラザ周辺で開かれる「妙高あらいうまいもんまつり」で販売する。

 カレー以外のメニューで華麗舞をPRしようと青木さんが考えた。ガパオ風みょうこうごはんは、パプリカなどの野菜と炒めたひき肉を華麗舞にかけて食べる。粘り気の少ない華麗舞が炒めたひき肉とよく絡むのが特徴。妙高高原産のトマトと温泉卵を添えた。ご飯には地元産の野沢菜を混ぜ込んだ。華麗舞コロッケはカレー味で仕上げたライスコロッケ。ご飯の粒の食感が楽しめる一品となった。

 うまいもんまつりを主催する商工関係者らを招いた試食会が8月29日、新井コミュニティセンターで開かれた。参加者は新メニューに感心し、「おいしい」と声を上げていた。青木さんは「華麗舞の新たな食べ方を提案し、街を盛り上げたい」と話している。

 うまいもんまつりには約20店が出店する。ガパオ風みょうこうごはん500円、華麗舞コロッケは150円。問い合わせは街なかにぎわい推進委員会にぎわいの風、0255(72)2425。

上越・妙高・糸魚川 ニュース